ヨーロッパとアジアをまたがる国「トルコ」は、かつて世界一の帝国を築いたオスマン帝国があった場所。オスマン帝国時代の歴史ある建造物や世界三大料理のひとつ「トルコ料理」を味わえ、親日国トルコの人たちのフレンドリーな対応に思わず素敵な国と感じてしまう素晴らしいところです。



スポンサーリンク

ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャミィ) / イスタンブール

image
(C)Asim Bharwani

世界遺産「イスタンブール歴史地区」の歴史的建造物群のひとつ「ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャミィ)」は【世界一美しいモスク】としてイスタンブールで最も人気な観光名所です。トルコに行ったら必ず訪れたい場所です。

ギョレメ国立公園とカッパドキアの奇岩群 / カッパドキア

image
(C)simi

“妖精の煙突”と呼ばれる岩の形成物の間に位置するギョレメの国立公園とペルシャ語で”美しい馬の地”を意味する言葉が由来のカッパドキアは、「ギョレメ国立公園とカッパドキアの奇岩群」として世界遺産に登録されました。
早朝の気球から眺める朝日とカッパドキアの奇岩群は絶景!!カッパドキアを訪れたら早朝の気球ツアーに参加しよう。

パムッカレの石灰棚とヒエラポリス遺跡 / パムッカレ

image
(C)Ladimannskipanni

水着に着替えて世界遺産で泳ごう!!
トルコ語で”綿の宮殿”を意味する「パムッカレ」には、二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が台地を作っている石灰岩に浸透し、炭酸カルシウムを溶かした地下水となり、その地下水が地熱で温められ地表に出て温泉となっています。
多くの観光客が水着姿で石灰棚に溜まる温泉を楽しんでいます。

image
(C)Dusan Steharnik
image
(C)sergulle


ヒエラポリス遺跡
image
(C)Ray Tsang

パムッカレの石灰華段丘の一番上にある遺跡。ローマ帝国の温泉保養地として栄えた。ローマ帝国時代にも地震で破壊されるが、その後復興。しかし1354年の大地震で完全に廃墟と化す。ローマ劇場、ローマ浴場が残る。

ガラタ橋とガラタ塔 / イスタンブール

image
(C)NASS CANROBERT


ガラタ塔
image
(C)GraPho

アヤソフィア美術館 / イスタンブール

image
(C)Mehmet Atacan

キリスト教とイスラム教が混在する「アヤソフィア美術館」は、モザイク文化都市イスタンブールを代表する建造物です。
ビザンチン建築最高傑作として評されるアヤソフィアの内部は息を呑むほどに美しく、見る価値のある場所です。

image
(C)Twang_Dunga

面白いのは、このメッカの方向を示すミフラーブの場所。通常のモスクはミフラーブの位置が建物の中央に来るように建設されるものですが、このアヤソフィアは元々教会だったため、方向的にメッカの方向を向いていません。このためミフラーブの位置が微妙に右側にずれているのです。アヤソフィアを訪れた際にはちょっと気をつけて見てみて。

トプカプ宮殿 / イスタンブール

image
(C)Veselina Dzhingarova

トプカプ宮殿(土:Topkapı Sarayı)は、15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿。イスタンブル旧市街のある半島の先端部分、三方をボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する。

宮殿はよく保存修復され、現在は博物館として公開されているが、15世紀に建設されて以来増改築を繰り返しており、現在見られる姿を保ちつづけているわけではない。

エフェス遺跡 / エフェソス

image
(C)Son of Groucho

イスラムの国トルコでは珍しいキリスト教の文化をもつ遺跡。エフェソスのアルテミス神殿に放火すれば後世に名前が残るといわれた世界遺産。

アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市であったが、のちにキリスト教を受容し、新約聖書にもエフェソの信徒への手紙がある。
紀元前356年、エフェソスのアルテミス神殿に放火すれば後世に名が残ると考えて実行した者がおり、このとき神殿は完全に焼尽した。エフェソスの市民は記録にこの男の名を留めまいとして、あらゆる公的記録からその名を削ったが、この試みは失敗し、ヘロストラトスという名が伝わっている。アルテミス神殿は再建され、世界の七不思議の一つに数えられた。

セリミエ・ジャーミィ / エディルネ

image
(C)kerem kurul

トルコ最高建築物「セリミエ・ジャーミィ」は、イスラム建築としても貴重な建物で、「セリミエ・モスクとその社会的複合施設群」として世界遺産に登録されています。オスマン帝国時代に建築されたこのモスクは多くのイスラム建築文献に登場する悠所ある建物です。

グランド・バザール / イスタンブール

image
(C)Mike Cordey

トルコ・イスタンブールにあるトルコ語でカパルチャルシュ(屋根付き市場)、日本では「グランド・バザール」の名称で人気のバザールです。日本人にも人気のこの市場には、日本人が多く訪れる人気の観光名所のひとつとして有名で、日本人観光客が教えたのか面白い日本語で話しかけてくるトルコ人がたくさんいます。

地下宮殿(イェレバタン貯水池) / イスタンブール

image
(C)Heidi Cistern

地下宮殿の通称で知られるバシリカ・シスタン (Basilica Cistern) は、イスタンブールにあっる東ローマ帝国の大貯水槽です。イスタンブール歴史地区の一つとして世界遺産に登録される秘宝が眠っていそうなところです。



スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です